――これまでの四回で、気学は自分の運気を底上げする、自分の願いを叶える方法ということを話していただきました。では、九星気学というのは、そもそもいつできたものなんでしょう?

「中国で生まれたもので、起源には諸説あるようです。数千年とも言われていますね。陰陽五行説と関わりがあり、特に五行と関わりがあります。前に言ったように、星はすべて五行でわけられています。その相性によって、合う星・合わない星が決まってくる。それが方位・方角にも当てはめられているわけです」

――五行説って何でしょう?

「世の中に存在する全てのものを、木・火・土・金・水という5つの要素に分ける考え方です。それは、人にも当てはめることができるんです。その人の生年月日からそれを導くことができます」